ホーム||ご挨拶||会社概要||インターホンリニューアル工事||消防設備点検業務||消防設備耐圧試験業務

点検報告義務違反
●点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告
 をした者は30万円以下の罰金又は拘留
●その法人に対しても上記の罰金
消防用設備等の点検報告制度 (消防法第17条3の3)
防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告することが義務づけられています。
点検・報告はなぜ必要なの?
建物には、各種の消防用設備等が設置されていますが、これらは、平常時に使用することがないため、いざという時に確実に作動し機能を発揮するかどうかを日頃から確認しておくことが重要です。
このため、消防法では、消防用設備等の定期的な点検と消防機関への報告を義務付けています。
点検・報告の時期は?
点検の内容に応じて、次のように定められています。
機器点検:6ヶ月ごと
・外観や機器の機能を確認します。
総合点検:1年ごと
・機器を作動させて、総合的な機能を確認します。
報告期間
・防火対象物の用途に応じて定められています。
点検の期間と報告の期間は異なります。
特定防火対象物-1年
非特定防火対象物-3年
 
点検実施者はどのような資格が必要か?

防火対象物の用途や規模により、次のように定められています。
消防設備士又は消防設備点検資格者
@延べ面積1,000u以上の特定防火対象物/
デパート、ホテル、病院、飲食店、地下街など
A延べ面積1,000u以上の非特定防火対象物で、消防長又は消防署長が指定したもの/
工場、事務所、倉庫、共同住宅、学校など
B特定用途部分が避難階以外の階に存する建物で、階段が2以上設けられていないもの
防火対象物の関係者
上記以外の防火対象物
点検の結果、不良箇所があった場合は?
すみやかに改修や整備をしなければなりません。
(消防設備士でなければできない改修工事や
 整備があります。)
 
事前に行うこと
@点検の日時等ご連絡致します。
A居住者等に点検の実施予定をお知らせ用紙等にて告知します。
点検時に行うこと
1.作業開始時の基本確認
@現地管理人様への挨拶並びに始業報告 (作業範囲、内容、時間等)
A点検機材、測定器、工具等の始業点検
B作業計画の確認 (作業の役割分担、順序、指示系統の確認)
2.作業中の安全確認
@入居者、第三者の安全確保の確認
A作業所内の整理整頓
B点検機材、測定器、工具等の飛来、落下の防止対策の徹底
終了時に行うこと
作業終了時の安全確認
@作業所内の後片づけの確認
A点検、作業箇所のスイッチ類の復旧及び施錠の確認
B現地管理人様への終了報告作業終了の報告
(不良箇所があれば同じく報告。後日改修工事見積書を提出)

後日、消防点検結果報告書を管理組合様へ御提出します。
ホーム||ご挨拶||会社概要||インターホンリニューアル工事||消防設備点検業務||消防設備耐圧試験業務