ホーム||ご挨拶||会社概要||インターホンリニューアル工事||消防設備点検業務||消防設備耐圧試験業務
 マンションには、屋内消火栓設備、屋外消火栓設備、連結送水管設備などにホースがついていますが、これらの消防用ホース
 (易操作性1号消火栓及び2号消火栓のホースを除く。)の製造年の末日より10年以上経過したものは、耐圧性能試験を行い、
 その後も3年ごとに同様の試験を行わなければならないことになっております。
 これは、2002年7月1日から、消防用設備等点検基準が一部改正され施行されたことによるものです。
主な改正点は下記のとおりです。
(1)消防用ホースが使用圧(0.7〜1.6MPa)に耐えられるかの試験を実施すること。
(2)連結送水管設備についても、同様の耐圧性能試験を実施すること。
(3)点検は、従来作動・外観・機能点検と総合点検になっていましたが、今回の改正で機器点検
   と総合点検になり、点検結果報告書の様式も改正。2003年7月1日以降は、新様式による
   報告が必要となりました。
 《耐圧試験の主な流れ》

関係者立会のもと、当社検査測定車及び耐圧試験機により、耐圧試験を実施。
連結送水管検査測定車(消防車と同性能)

消防用ホース耐圧試験機
※報告する人は、防火対象物の関係者です。
高層ビルの火災では、ハシゴ付消防自動車のように建物の外部から放水して行われる場合がありますが、これでは建物内部への消火活動が不足がちとなります。そこで、建物内部における効果を増大させるためには、地上より出火階までホースを延伸することが考えられますが、これでは初期消火活動が遅延するおそれがあるため、あらかじめ消防ホース数本に相当する配管を建物内部に設置しておき、消防隊到着後ただちに放水できるようにするためのもので、専ら消防隊の消火活動上の必要な設備です。
●連結送水管の配管の耐圧性能(耐圧試験)
配管を設置した日から10年を経過した日以降に点検を行うもの及び該当点検を行ってから3年を経過しているもの。
●ホースの耐圧性能(耐圧試験)
ホースの製造年の末日から10年を経過した日以降に点検を行うもの及び該当点検を行ってから3年を経過しているもの。
[ホースが使用されている消防用設備等]
・屋内消火栓設備
(易操作性1号消火栓及び2号消火栓のホースを除く。)
・屋外消火栓設備
・連結送水管
いずれの設備も故障してから修理していてはいざという時に間に合いません。日常のこまめな点検が大切です。